耐震改修・リファイン前

キッチン・リファイン前
キッチン・リファイン前
キッチン・リファイン前
キッチン・リファイン前

リビングリファイン前
リビングリファイン前
トイレ・リファイン前
トイレ・リファイン前
洗面脱衣室・リファイン前
洗面脱衣室・リファイン前


耐震改修・リファイン後

この住宅は築後35年を経過し、主に水廻りの老朽化が目立っていました。

耐震診断を実施しましたが結果も思わしくなくお施主さんは耐震性に

不安を抱いていました。

先代が材木などにこだわりを持って建築したこの家に安心して住み続けたい

と耐震改修と同時にリフォームを計画しました。

 

設計前に詳細に調査を実施しました。地盤・基礎は特に問題はなく骨組みは

土台が栗、柱はヒノキ、梁は地松で組まれていて大工さんが手刻みできちんと

仕事をされていました。材木は先代が家をつくるために何年もかけて集めたと

聞きました。浴室の土台が漏水のため少し腐朽し、白アリの被害にあって

いましたがその他は全く問題はなく木はすごいものだなと改めて感心しました。

今回、大工さんは河口湖町の大石工務店に工事していただき既存に負けない

きちんとした仕事をしていただきました。

 

 

左の写真は生活の中心となるダイニングキッチンですが流し台とダイニングテーブルを一体で人造大理石で製作((株)ユー・アーキ 担当:勝又さん)

してもらいました。オリジナルのものです。

流しの収納部は家具屋さん(地元の新藤木工所)に製作してもらいました。

天板、家具とも無理な注文にもこころよく応えていただきました。キッチンの床はバリヤフリーに反して150mmほど下げて段差がありキッチンに立っている人とすわっている人の目線を合わせた心地のバリアフリーです。テーブルは葉っぱの形をしていてキッチンで作業している人もテーブルに座っている人も真正面にならないようにしてあり会話しやすいようにこれも心地のバリヤフリーだと

思います。

キッチンの床はタイル張りで冬場冷たくないようにヒーター式の床暖房が足元に入っています。

トップライトが朝日を取り込み1日のスタートを気持ちよくします。

茶の間、ダイニングからキッチンの高窓を通して青空、山々が見通せます。


左の写真は今回の耐震改修工事をおこなっての耐震診断の評点の増加です。

 

耐力壁を増やし、補強や、接合金具を可能なところは取り付けました。

 

リフォームは思いがけないことがたくさんあるので慎重にまた応用をきかせ

て自分なりに納得いくように工事をしてもらいました。

 

これから何十年と住み続けていけると信じます。


一体感を持たせたLDK。壁は塗り壁、天井はウッドチップ紙の上に塗装。
一体感を持たせたLDK。壁は塗り壁、天井はウッドチップ紙の上に塗装。
キッチンからリビング方向を見る
キッチンからリビング方向を見る
床を300mm下げたリビングからDKを見る
床を300mm下げたリビングからDKを見る

リビングを見る。リビングは床を一段下げて落ち着いた感じをつくり、地面と同じくらいの床高になることで外部とつながった感じとしました。

床の白い部分はタイルを張ってあり南に面するので冬場は昼間日射で温められて蓄熱して夕方からちょっと放熱することですごく冷たく感じる

事はないと思います。真ん中の床はジュータン敷き込みです。今はジュータンを敷きこむことがが少なくなりましたが感じがいいものです。

この床下は基礎断熱をしてあり床に通気口を設置してあります。

写真奥が茶の間になります。以前は引違でしたが引き分け戸にしました。
写真奥が茶の間になります。以前は引違でしたが引き分け戸にしました。

トップライトを取り付け。間接照明も取り付けました。
トップライトを取り付け。間接照明も取り付けました。
茶の間。左側の障子はすべて引き込んでオープンになります。
茶の間。左側の障子はすべて引き込んでオープンになります。

縁側
縁側
建具を引き込んでオープンになった状態
建具を引き込んでオープンになった状態

トイレ。手洗い収納もすべて製作
トイレ。手洗い収納もすべて製作
洗面室。洗面台に座れるようにしました。製作しました。
洗面室。洗面台に座れるようにしました。製作しました。

外側。傾斜窓はキッチンの高窓。
外側。傾斜窓はキッチンの高窓。
廊下に建具を取り付け長くいる居住空間を囲いました。壁は漆喰塗り
廊下に建具を取り付け長くいる居住空間を囲いました。壁は漆喰塗り


耐震改修・リファイン工事中

解体工事中状況
解体工事中状況
1階の床断熱 サーモウール敷込
1階の床断熱 サーモウール敷込
梁とかつ木を合板にて補強、金物取付
梁とかつ木を合板にて補強、金物取付

アンカーボルトを追加
アンカーボルトを追加
2階の水平面補強下地の上に構造用合板を張ります。
2階の水平面補強下地の上に構造用合板を張ります。
土台の押さえに金物を取り付けた箇所
土台の押さえに金物を取り付けた箇所

構造用合板を張って耐力壁にします。
構造用合板を張って耐力壁にします。
この下地の上に構造用合板を張ります。
この下地の上に構造用合板を張ります。
床、天井をはがさないで面材を張り耐力壁仕様にした箇所。
床、天井をはがさないで面材を張り耐力壁仕様にした箇所。

水平面補強のため鋼製火打ちを取り付け
水平面補強のため鋼製火打ちを取り付け